九寨溝・黄龍5日間ツアー



                              2009年9月19日〜2009年9月23日)



今年は病気をしなくて良かった〜と喜んでいた矢先、銀行帰りに後ろから来たバイクの男に

大切なバッグをひったくられ、すっかり落ち込んでいたところ・・・シルバーウイークは何処かへ

行きたいと言う夫が 福岡から直行便で行く九寨溝ツアーを新聞で見つけて申し込みましたが

残席1で 私はキャンセル待ち! (>_<)

しかし 直ぐに空席有りの連絡を受け 夫婦で参加することが出来ました。(^o^)丿

 

 

第1日目 福岡発 12時 成都へ。(所要時間 約4時間30分)

 成都着 15時30分(時差 約1時間)着後ホテルへ

 素敵なSHERATON ホテル泊

 

第2日目 成都発 6時50分 国内線で川主寺へ。(約50分)

     標高3600メートルの九寨黄龍空港着 7時35分

     着後 専用バスにて黄龍へ。(約1・5時間)

     バス中で酸素ボンベを各自1本 貰って 黄龍ハイキングへ出発

(徒歩にて約4・5時間)

 

標高3600メートルの黄龍ハイキングはハード!  高山病で死ぬほど苦しくて・・・フラフラ!(>_<)




















 

 

私のへたばりで下山の集合時間に遅れ・・・ビクビクしながら到着したら まだ半分の人が未到着!(@_@)

結局1時間遅れの6時に集合し、専用車にて九寨溝へ。インターコンチネンタルホテル到着は9時過ぎ

 

  

             九寨溝インター・コンチネンタル ホテル中庭

 

第3日目  終日 九寨溝ハイキング。

九寨溝は、原生林が生い茂った渓谷に、大小100あまりの湖沼や瀑布が点在する景勝地である。

付近にチベット族の村落である「寨」が九つあったことから九寨溝と名付けられた。

 

 

 

     九寨溝の水がこの上なく透明なのは、「石灰華」と呼ばれる石灰の粒子により、

水が濾過されるためである。

 

 

 福岡空港からチャーター機で来た100人は 黄色 橙 緑 赤 に分かれて 別なホテルに泊まり

 バスに分乗して 観光しました。我々はこの黄色組。 顔見知りもちらほらいて・・・・(@_@)

第4日目  午前 九寨溝ハイキング。観光後専用車にて川主寺へ。

      川主寺より国内線15時25分発で成都へ。(約50分)

      成都着16時15分の予定でしたが・・・・。

 

             チベット村

 

 

    チベット村のマーケット                   マニ車

     

                      添乗員の若者は主人の昔の患者さんだって!(*_*)

 

  
 
 15時25分発の成都行きの国内線が

遅延し 空港で5時間近く待つ。

待っている大勢のお客さんには航空会社

から夕食の弁当が配られ 待合室で食べ

ましたが 現地の人は慣れている感じ!

・・・遅れるのは恒例なのかな〜?

 

結局 成都着は10時近くなり

それから夕食のレストランへ行き

火鍋を食べました。

 

ホテル着は11時過ぎ。

就寝は1時過ぎになりました。

 

第5日目  5時半モーニングコール。ホテルにて朝食後、空港へ。

      空港へ着いたら 霧で又飛行機が遅延!(>_<)

      幸い1時間後れの10時30分発にて、福岡へ無事到着しました。

                  戻る