〜神話の国ギリシャを訪ねて〜(その1)

魅惑のエーゲ海クルーズとギリシャ古代遺跡巡り

平成16年5月17日〜平成16年5月30日 

東京オリンピックの年に結婚した私どもはギリシャオリンピックの昨年、無事に40周年を

迎えることが出来ました。

夢中で働き続けた長い年月には突然の夫の病気入院など、色々な苦しい事も沢山有りました。

お陰様で今は仕事も引退し、健康に感謝しながら気楽に老後を過ごしています。

これから先の不安もありますが、考えても仕方ないので「ケ・セラ・セラ!」の心境で

永年憧れた「ギリシャ・エーゲ海クルーズ」のツアーに参加しました。(^o^)丿

1日目 5月17日(月) 

福岡発18時30分→20時5分羽田着→成田へ   <ホテル日航ウインズ成田泊>

2日目 5月18日(火) 

成田空港10時25分発エールフランス航空便にてパリ直行。

パリでオリンピック航空便に乗り継ぎアテネへ。アテネへ到着したのは真夜中でしたのに、

バスのドライバー組合のストライキの為にさらに1時間以上空港で待たされました。(>_<)

アテネ空港でテニスの松岡修造さんにお会いしましたが、流石にハンサムな好青年!

                        <アテネ:メトロポリタンホテル泊>   

3日目 5月19日(水)

夜中過ぎにホテル到着のため午前中はゆっくり休息して、11時半頃にホテルを出発。

    ペロポネソス半島へ向かい、コリントス運河を見物し、その後ナフプリオン市内散策。

    ナフプリオンはアテネの前にギリシャの首都だった街でもあります。

                           <ナフプリオン:アマリアホテル泊>

  

    パラミディの要塞                         コリントス運河

        

ナフプリオン市内見物             真っ赤なブーゲンビリアの花が綺麗でした。

 

  ナフプリオン湾に浮かぶブルジイ島城塞            ナフプリオンの夜景

  

              ナフプリオン・アマリアホテルにて 

4日目 5月20日(木)

午前中、ミケーネ遺跡観光リオという港町にて昼食。午後パトラにある

アカイア・クラウス」というワイナリーを見学。「マブロ・ダフネル」という

赤ワインを試飲しましたが、とても甘くて美味しかったです。

リオからフェリーにて対岸の街アンティリオへ。   <デルフィ:ボーザスホテル泊>

  

      ミケーネ遺跡  獅子の門         今、現在でも発掘、修復作業が行われています。

 

 可憐なポピーの花が綺麗!          遺跡前で子供達が元気にお絵描きをしていました。

  

 パトラのワイナリー「アカイア・クラウス」        赤ワイン“マブロ・ダフネル”試飲 

  

  オリンピックへ向けて 完成間近の橋       デルフィに到着。お部屋からの眺めは最高!(^o^)丿

5日目 5月21日(金)

 世界遺産デルフィの遺跡観光。アポロン神殿、古代円形劇場、デルフィ博物館など見学。

    午後メテオラの麓の町カランバカへ移動。

    5時ごろカランバカのホテル・ディバニに到着し、見晴らしの良い山側のお部屋を決めるのに

    皆でジャンケンをしましたが、一番良いお部屋が当りラッキー!(^o^)丿 ここで2連泊です。

                             <カランバカ:ホテル・ディバニ泊>



  

古代から「大地のへそ」として信仰されていた“石”です(@_@)   博物館 「青銅の御者像」

 

競技が行われていた「スタディオン」のスタート地点。

 

 ジャンケンで勝って獲得したお部屋からの眺め!       夜はライトアップされて綺麗でした。(^o^)丿

6日目 5月22日(土)

    午前中、世界遺産メテオラ修道院観光。

メガロ・メテオロン修道院」へ入場し、骸骨の部屋、ワイン貯蔵庫、台所、食堂などを見学。

又、女子修道院として現在使われている「アギオス・ニコラオス修道院」へ行き、

美しいイコンとイコノスタシスを見学し、カランバカの街をパノラマで見下ろしました。

午後は自由行動でしたが、私は疲れて出て行く気力もなくお部屋で寝ていました。(>_<)

                          <カランバカ:ホテル・ディバニ泊>

     

 

  

 

   

   

                         「アギオス・ニコラオス女子修道院」 

 

女性は入り口でスカートを穿かなければならない!    骸骨の部屋(ここで修行していた僧侶の頭骸骨)

7日目 5月23日(日)

   メテオラからアテネまで大移動の日です。

   「カメナ・ボクラ」という港町で昼食。のんびりした、海の美しい所でした。

オープンテラスでのお食事では、松ヤニで香りがつけられた地ワインを賞味しました。

午後、マラソン競技発祥の地「マラトン」へ。ちょうど2004年のオリンピック競技

建設現場へも入ってみましたが、オリンピック開催に間に合うのかしら?と心配な程でした。

マラトンからアテネまでの42、195kmのドライブは工事のため時間がかかりました。

                      <アテネ:メトロポリタンホテル泊>

 

    静かな港町「カメナ・ボクラ」                美しい海!

  

  

   オリンピック競技場の建設現場                ドライブインにて一休み。

 

            夕食後アテネのメトロポリタンホテル屋上にて


                            次へ