アドリア海クルーズ 10日間

   2011.9.29 〜 10.08

                    野口孝子

3年前の心筋梗塞の手術後、私はもう海外旅行の夢は諦めていましたが・・・・

我々夫婦もお陰さまで今年は目出度く傘寿と古希を迎えるので、二人とも元気なうちにと久しぶりに念願だった

“アドリア海クルーズ”のツアーに申し込みました。 しかし出発2週間前に私の持病のギックリ腰が再発し、
出発を断念しようかとも思いましたが、キャンセル料を払うのも悔しいので毎日リハビリに通い、今回は湿布薬
とコルセット持参のよたよた旅行となりました。         

 

1日目 929

    福岡空港発 2100

    ソウル着  2225分 

 

2日目 9月30 ソウル発  0050分 カタール航空にてドーハ乗り継ぎ

    ベネチア着 1410分  専用バスでホテルへ          <パトヴァ泊>

 

3日目 10月1日  快晴。 ホテル発 900分  

アドリア海の女王」「水の都」などの別名で呼ばれる世界遺産のベネチア観光

 

 s2011_1001_185908-CIMG0936.jpg  

やっと辿り着いたベニスは観光客で混雑し、今年は異常気象で10月に真夏の暑さとか・・・ 暑い!暑い!

 

 観光後 港へ。 13万トンの豪華な客船、ボイジャー・オブ・ザ・シーズ

“ROYAL CARIBBEAN”に乗船 

  いよいよアドリア海クルーズの始まりですが・・・乗船後、避難訓練など大変!

  ベネチア発 1700分  コーベルに向けて出港 

 

  私達のお部屋は デッキ10の1328     広いベランダとバスタブ付で素敵なお部屋です。

                                       <船中泊>

 

4日目  10月2日  快晴。

 

コーベル着 0800分 スロベニアの南西部の都市コ―ベルに入港。

専用バスにてボストイナへ 

  

 

 

         ボストイナ鍾乳洞の入り口

10万年の時をかけて形成されたヨーロッパ最大の鍾乳洞で神秘的で悠久の自然の

驚異を見せつける幻想的で壮大なボストイナ鍾乳洞観光。   (約2時間)

猛スピードのトロッコ列車に乗り、徒歩で壮大な鍾乳洞を見物しました。

中は気温8度。暗くて、 寒くて・・・・残念ながら中の撮影は禁止ですが・・。

  

  

観光後、船に戻り、  コーベル発 1900分  イタリアのラベンナに向けて出港。

 

今夕は初めてのフォーマルデー。 皆さん おしゃれをしてお食事を楽しみましたが

美しい和服の日本女性は外国人にモテモテでしたよ。

  

5日目 10月3日  快晴。

    ラベンナ着 700分 きらびやかなモザイクで名を馳せるラベンナに入港。

 

    

    船中 朝食のバイキング          海面からいきなり上る太陽を眺めながら、船の朝食

s2011_1006_153956-CIMG1158.jpg s2011_1006_154241-CIMG1159.jpg

930分 バスにてラベンナ観光へ。  *サンビターレ教会  *ガッラ・プラキディア教会

     

       

昼食後、世界最古の共和国 “サンマリノ”へ

   


サンマリノの頂上の教会階段は急で怖かった!(~_~  

  

 

 


サンマリノ観光後、船へ戻り、    ラベンナ発 1900分 バーリに向けて出港。            


  
       船中のカジノ                    船中の商店街

<船中泊>

6日目  10月4日  快晴

1100分バーリ着 古代国家イリュイアの民によって築かれたという逸話を持つバーリに入港。

 世界遺産アルベルベッロ観光。とんがり屋根と白壁の家トゥルリッが立ち並ぶおとぎのくにへ。

  


  



アルベロベッロ観光後、船へ戻り、夕食。
 

   

  

偶然、同じグループに主人の田川高校の後輩の人達が居て 楽しいお食事会になりました。(^O^)


  

                              部屋に戻ったら、象さんがお出迎え!

バーリ発2000分 クロアチアのドブロヴニクに向けて出港。         <船中泊>

 

 7日目 10月5日 快晴。 800分 “アドリア海の真珠”と称されるドブドヴニクに入港。


  

    


ドブロヴニク観光。*フランシスコ修道院、*オノフリオ小噴水など、強固な城壁で囲まれた街並み


  

 
 ギックリ腰も忘れて、ハードな炎天下の城壁巡りを完走しました (^O^)

  

  

  

居残りの我々二人はケーブルカーで山頂に登り、景色を眺めながらレストランでランチ!(^O^)

  

 夕陽に輝くドブロヴニクとも いよいよお別れ!       さようなら!

 

8日目 10月6日 快晴。 終日クルージングしながら ベニスの港へ戻ります

   

       朝の船上散歩

   

            私達も船上のミニゴルフ場で パットゴルフを楽しみました。

  

今夜はお別れのカクテルパーティーです。

  

  
                   
                    
お部屋に戻ったら、お猿がぶら下がっていて(_;)

 

9日目 10月7日 曇り 雷雨  800分 ベネチア入港。

下船の朝、珍しく曇って 雨も降りだし、肌寒くなりました。

  

   朝食後、下船。 その後、レストランで昼食。 そして専用バスで空港へ。

 

快晴に恵まれ、アドリア海は波も静かで 夢のように優雅な船旅も無事終了!

ベネチア空港から 又ドーハ乗り継ぎ ソウル〜福岡へ  約20時間の長い空の旅です。

 

今回のツアー参加者に82歳の一人参加の女性がおられましたが・・・驚いたことに

彼女はご主人と日本の豪華客船“飛鳥”に3回も乗って、世界を3周なさったそうです。(_;)

2年前にご主人が他界され、今も一人旅を続けていて、先月もドブロヴニクの城壁巡りをされた

そうですが 暑さの所為で半周しか出来なかったのが心残りで・・・再度、完走を目的に

この旅行に参加したそうです。今回は見事に完走され 本当に感服致しました。

 

                 戻る